ブックマークに追加する

エコキュートのしくみ

エコキュートは、自然に優しく家計にも優しい給湯システムです。
みなさんも各電力会社からそういったPRの謳い文句はよく聞いていると思います。ではエコキュートの実際のしくみがどうなっているのか、なぜそんなに光熱費が削減できるのかというところについては理解できていますか?「どんなしくみでもとにかく光熱費が安くなりさえすりゃいい」という方もいらっしゃるでしょうが、エコキュートのしくみについて簡単にお話してみたいと思います。
まずエコキュートがなぜ自然に優しいのかという事についてです。
エコキュートのエネルギーの源として採用されているのは、「自然冷媒CO2」というものです。「自然冷媒CO2」は従来のフロン系の冷媒を使用する場合と違い、オゾン層に悪い影響を与える事がありません。近年問題になっている地球温暖化についても、「自然冷媒CO2」はフロン系冷媒と比較すると約1700分の1となっています。
また二酸化炭素を排出する事もないので環境に悪い影響作用を与える原因となるものがぐっと低く抑えられているという事になるのです。

次に、なぜ家計に優しいのかという事についてのお話です。エネルギーの消費効率は「COP」という単位で表されます。「COP」は加熱する能力や冷却する能力を消費電力あたりで表したもので、このCOPの値が大きくなればなるほど消費効率が高いという事になります。エコキュートは電気エネルギーを1、大気から取込んだ熱を2使って3の熱エネルギーとし、前述の自然冷媒CO2へと写し圧縮して過熱します。こうした仕組みで従来の3分の1のエネルギーでの給湯が可能となり、これまでの燃焼式の給湯器と比べると約30%の省エネとなるのです。


トップ > 日記 > エコキュートのしくみ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。